2013年04月14日

グレ9日目 最後かな?(4/13)

暖かくなってきたし、もう終わりかと思ったが同じ会社のOさんから「4/13に行こうぜ!」というお誘い。3月に1週間の連休があったが、波がある日が続き1日しか行けず消火不良だったのもあり行くことに。見老津は4月は休みだし、どこがよいか??? 和深は2月ごろからいまいちのようなので・・・3月中旬に袋へ連絡すると、一の島船着きとコジ、モブシ以外は空いているとのことなので、一の島の沖向きを予約。
4月に入ってからは、風の強い日が多く船も出ず、出てもあまり釣果が出てないようで心配ふらふら

結局、快晴で波もなさそうで無事出船できることとなりました晴れ が、出船が5時とかなり早いあせあせ(飛び散る汗) 前日は会社の新人歓迎会ビールがあるため、早く帰るわけにもいかず、2時間ほど寝て2時前起床パンチ Oさん・Nさんと合流しコンビニ経由で釣太郎へ3時過ぎに到着。4月だからガラガラかと思ったが、天気が良い休日だからかまぁまぁの人の数。エサ取り多いかも&釣り時間も長いと思い、生沖アミ3枚購入して混ぜますグッド(上向き矢印) 渡船屋へ4時半ごろ到着。船釣りのお客さんもいるからでしょうが港は人で溢れてます。乗船名簿に名前書いた後、5時前に船に乗り込みます。お客さんは全部で15人ぐらい。

5時10分ごろ出船。べた凪かと思ったが沖に出ると意外と波があります。いつものごとく長い時間船に揺られ、一番に一の島到着なので降ります。満潮近くでもあり、船着きはや沖向きとの間は波が結構上がってくるので、タイミングに気をつけながら沖のほうへ移動しますあせあせ(飛び散る汗)

到着後、準備をしかけてると。。。アクシデント発生exclamation×2 波が駆け上がって船着きの方のロッドケースが波にさらわれてしまい流されてます。まだ近くで渡船がお客さんを下している状態だったので、なんとか回収でき良かったです。さらに引き続き準備していると。。。
またもアクシデント発生exclamation×2 携帯携帯電話から緊急速報っぽい音がなってます。一瞬「北朝鮮、ミサイル発射か!」と思って、見てみると播磨灘で大きな地震が発生したとのこと。続けて家から電話もあり、その後会社の方から連絡や安否確認サービスのメールなどなど。。。
まぁ小さい島の上なのでどうすることもできないし、渡船だから津波が発生すれば助けに来てくれるだろうと呑気に思いながら準備。
結局地震発生時は、ちょうど船に乗っていたころなのか、磯へ上がってからなのかよく分かりませんが、まったく揺れは感じませんでした。

ということで、前置きがかなり長くなりましたが内向きの高いところからOさん・Nさん・私と並び、いざ釣り開始。エサを撒くと、大量のエサ取り軍団バッド(下向き矢印) こりゃ、今日はあかんかも?と思いましたが、1投目からアタリ! だが残念ながらイズスミ。そこからは、さらにエサ取り増えて私はエサが残らない状態。だがOさんは5投目ぐらいで早くも30グレGETしてます。ほんでからNさんもグレあげてます。お二人とも3枚ぐらいずつ釣ってますが、私だけ何もない状態もうやだ〜(悲しい顔)
手前はエサ取り、エサ残るところへ探すとエサ残ったまま上がってくるという感じバッド(下向き矢印) 見かねたOさんが「ここでやるかぁ?」と言ってくれたのでお言葉に甘えて少しやらせてもらうと、10分ほどしてなんとか1枚GETで一安心わーい(嬉しい顔) また最初のところへ戻って再開。こっちはやっぱり釣れず、たまにアタリがあるとイズスミという状態。その後、みんなのアタリが止まった8時ごろに、ようやくこっちのポイントでもグレ出ました。
20130413083933.jpg

このまま1日中ぽつぽつと釣れ続くかと思ったが、そうは甘くなく、弁当船以降はサッパリふらふら 朝は風も吹いて寒かったが、風なくなってべた凪で釣りやすい感じになってきてからは、エサ取りもどこかに行き、エサが全く取られない。たまに油断してるとイズスミやそれっぽいアタリのバラシという感じ。
20130413105043.jpg
コジは朝は乗ってませんでしたが、波が落ちてからは乗ってました。

釣れないし天気良いし、みんな眠いので交代でお昼寝タイム眠い(睡眠)

12時ごろから風が北→西向きに変わり、海面も白波が立ち始め良い感じにはなってきたが、状況変わらず。軽い仕掛けてはなじまなくなってきたので、重くしたり、タナプロにしたりしますが、一気に風が強くなり結構波もかけあがってきて13時撤収命令。

結局弁当船までの釣りでした。
若干釣果に不満もありますが、この時期までグレ釣りできて、なんとかみんなグレの顔も見れたので、良しとしましょう手(チョキ) 家でさばくとまだ卵持ってました。

場所:袋 一の島沖向き 
釣果:Ryo185 グレ 32cm 2枚
   Oさん・Nさん グレ3枚ずつ 30〜36ぐらい+25ぐらいのコッパも数枚
IMG_1113.jpg

 当日の仕掛け
竿:紫電1.85号 5.3m
道糸:東レ NEO 1.8号
ハリス:2号
ウキ:00M,0M,G2M,2BL,タナプロB(主にG2M)
ハリ:TKO 6 5,くわせ5,かかりすぎ口太5 4,短グレ6 主にくわせ
エサ:生M3枚 サシエは生とスーパーハードMとボイルM
タナ:釣れたのは2ヒロぐらい。

posted by Ryo185 at 23:07| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

グレ8日目 連休中1(3/15)

年1回の1週間連休。鮎シーズンに取得できず、グレシーズンも終わりか?というころにやっと休むことができました。が、1日目、2日目とも荒れて出船せず、満を期しての3/15出撃ですひらめき

出船が早くなったのと、高速が有田〜田辺で夜間通行止めのため2時半起床で出発。誰も行ってくれる人が見つからなかったので、単独で国道42をひたすら進みます。エサ屋まで2時間弱。さすがに人もまばら。3月といえど朝は気温低く(この日は0度)震えながらエサ混ぜます。

5時20分ごろ浜丸着。結局全部で7名、他の渡船屋さんもお客さん少なく、波もべた凪でどこでも行けます。大曲、横島チョボ、中崎、ナベで最後に残った私は「西一も行けるけど西一コッパ多いから二の島のほうがええよ〜、この前も40オーバー込みでよう釣れてたし」ということで二の島へ。

7時前釣り開始。三の島向きが良いとのこと。快晴で凪ですが時折でっかいウネリが来てバッカンが危険なのでピトンへバッカンかけて釣ります。サラシ大きいので仕掛けが落ち着くところを探して釣ってると、5投目ぐらいでアタリ。そんなに大きくないですが、一応タマですくって30あるかな?ぐらいの尾長。その後、もう一回り小さいのを追加。エサが残らなくなってきたので、1時間ほどで表側(西一との水道)へポイント移動。

三の島向き
F1000069.JPG

西の一の島向き
F1000070.JPG

こちらも25ぐらいのコッパを数匹釣った後、エサ取り増えてきてエサ残らなくなる。その後は釣ったコッパを食べに水面へ巨大なサメが登場してくるし。。。あせあせ(飛び散る汗)
ハリ変えたり、重い仕掛けに変えたりといろいろ試しますが、状況変わらずお手上げ状態で11時で磯代わりふらふら

中崎で1名釣っておられる方の横(ナベより)へ入らせてもらいます。
F1000068.JPG

入られてた方は朝から30ぐらいの1枚とのこと。潮は牛の首方面へ流れて、雰囲気も良い感じ!と思ってたら隣の方がグレ追加。私は餌取られたり残ったりで、しばらくはアタリなしでしたが、30分ぐらい経過後にアタリあり、30ぐらいの口太手(チョキ)

そこからは外道タイム。サンコ、イズスミ、バラシなど竿が曲がりっぱなし。何かは分からんがハリも2回伸ばされた。また、ここもサメがいるみたいで、たまに釣った魚を追っかけてきます。

1時過ぎから、グレタイム突入でぽつぽつとグレがかかります。30ぐらいのはサメに食われるのでブチ抜き。型は後になるほど段々大きくなってきて、最終ギリギリ2時40分ごろまで釣れましたグッド(上向き矢印)

場所:見老津 二の島→中崎
釣果:Ryo185 グレ25〜30cm 4枚(二の島)
       グレ30〜36cm 6枚(中崎)
IMG_1050.jpg

 当日の仕掛け
竿:紫電1.5号 5.3m
道糸:東レ NEO 1.8号
ハリス:1.7号→2号
ウキ:00M、0M,BS(主にプロ山元 0レギュラー)
ハリ:TKO 6 5,くわせ5,かかりすぎ口太5,短グレ6,5,競技ヴィトム5
 主にTKO
エサ:生M2枚 サシエは生とスーパーハードMとボイルM
タナ:釣れたのは2〜2.5ヒロぐらい。
posted by Ryo185 at 18:43| 和歌山 | Comment(4) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

グレ7日目 バラシまくり(2/20)

釣行後、すぐに泊まり出張が入り、かなり遅くなりましたが、一応釣行記を。。。

2/20(水)和深予約済みだったので一応仕事は休み。波は落ち着いてきて出るか出ないか微妙な予報でしたが、西風が強く和深は出船不可。見老津は出るので、前の週の金曜日同様会長と二人で浜丸へ車(RV)

前回同様4時出発。前回と違い天気は良いはずだがエサ屋は人少なめ。渡船屋も10名ぐらいと少ない。
本日は東周り。風強いし、小さな島は無理かなぁということで、エビス3名の後、お呼びがかかりシオフキへ。一度だけ乗ったことがあるが、釣った記憶がないのであまり気が乗らない。

7時前釣り開始。思ったより風が強く、当日は気温が低いので震えながら釣りをする。広いのでポイントを変えながらいろいろやるが、生命反応なし。釣れないわ寒いわで弁当来てすぐ食べる。

ようやく9時ごろアタリ。沖の方でかけてグレっぽい引きなので、喜んでいると・・・何故か足元まで来てハリ外れ。。。もうやだ〜(悲しい顔)

しばらく何もなし。会長も飯食ったり昼寝したり。。。私も交代でお昼寝眠い(睡眠)

12時ごろから私にアタリ連発exclamation
だがハリ外れやチモト切れなどバラシ連発。グレっぽいアタリは1回だけで後はサンコ、イズスミ。釣ったのもサンコ、イズスミ、カツオ。最終までそんな感じで残念ながらボーズでしたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

今日はみんなあかんやろぉと思ったら、みなさん昼ぐらいからバタバタっとまぁまぁ釣れてはりました。エビスでは50cmもあがってました。

場所:見老津 シオフキ ボーズ
posted by Ryo185 at 19:54| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

グレ6日目 寒い中 名礁西一でなんとか(2/15)

2/13に和深 双子の子を予約してましたが、北西ビュービューで出船せず。2/15のほうがマシだろうかと思い、いつもの会長と予定合わせて見老津へ。
ただし予報では雨。しかも釣っている間のみ降るような予報。それでも波風はなさそうなので行くことに。

4時出発。すでに雨が降っている。雨のせいか道中も車少なく、釣太郎には車が1台もとまっていないという感じ。6時前に待合所到着。久々に同級生BOKUくんと会いました。今週3回目だとのことで、いろいろ情報を聞かせてもらいます。お客さんも少なく最終10人で6時40分出船。

本日は西周り。大曲へ常連の方。月曜も1人で10枚ほど釣ったというナベへ、BOKUくんら3名。牛の首へ3名。で、僕らは西の一の島へあげてもらいますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)。僕は初めて、会長は昔5分だけ滞在したことはあるが、波ですぐダメだったため実質初めて。凪ですが、満潮のため荷物を流されないように気をつけながら準備。私が内向き、会長が沖向きでやります。

潮は上りで前日より1度以上高い。こんな潮のときはあまりよくないそうです。内の西向きのところで釣り開始。足元はチョウチョウウオじゃないけど、似たようなのがあり、エサ残らず。沖の潮目をず〜っと流しますが、エサ取られずという状況でたまにコッパがかかる程度。会長に乱獲だと言われながらも、25ぐらいのはお持ち帰りさせてもらいます。弁当船まではコッパ数匹と東向きで針外れ1回しただけ。会長もバラシとイズスミだけ。

10時ごろ、潮が引き始めてから、上りがユル〜くなって逆に変わった?ような感じのときに二の島向きでグレGETexclamation なんとか1枚釣れて一安心です。同じころ会長も沖向きでグレかけたようですが、2月だというのにサメが出てきて、ガブッとやられたとか。。。電話で連絡とるとナベもサメが出てるようで、横チョボやムギイシへ磯代わりしたとのこと。

続くかなと思ったがアタリは続かず。10年以上使っているあまり性能がよくない防寒なので、雨がしみて寒いですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印) 今日は寒いだろうと思ってたので、久々に魔法瓶へお湯を入れて持ってきて、磯の上でカップヌードルを食べ少しはマシに。

潮もあまり動かなくなり、あまり状況もよくなったのですが、12時ごろ沖の西向きを釣っていた会長が30グレを釣ります。私も内の西向きで同じぐらいのグレ。これでスイッチが入り、同じポイントでたまに25ぐらいやサンノジも混じりながらしばらく竿が曲がりっぱなし手(チョキ) 結局このポイントで30オーバー5枚。だんだん風が正面からに変わり、釣りづらくなり、あげくの果てに手前で根掛りしてしまい、プロ山元を飛ばしてしまうもうやだ〜(悲しい顔)

風が強くなり、風と潮が逆になってきたので、タナプロに仕掛け交換。ポイントを二の島向きに変えますが、釣れたコッパにまたもサメが襲ってきます。やっぱり西向きのポイントに絞り、釣りますが特に何もなし。またも根掛りして、タナプロも飛ばしてしまうもうやだ〜(悲しい顔)
時間は2時10分。時間は早いが強風で釣り辛いし、寒いしで早めに終了。
会長は最終東向きのポイントでグレ追加しました。

潮がおかしいのか、他の磯もさっぱりだったようです。

場所:見老津 西の一の島
釣果:Ryo185 グレ30〜35cm 6枚
   会長  グレ30〜33cm 2枚
IMG_1001.jpg

 当日の仕掛け
竿:紫電1.5号 5.3m
道糸:東レ NEO 1.8号
ハリス:1.7号
ウキ:0M,00L,00S,タナプロB(主にプロ山元 00遠投イエロー)
ハリ:TKO 5 4,くわせ5,かかりすぎ口太4 5号,口太4
 主にかかりすぎ口太4号
エサ:生M2枚 サシエは生とスーパーハードSとボイルM
 エサ取り避けるのにボイルも使ったが、グレは食わず。
 生のほうが良かった。
タナ:釣れたのは2.5ヒロぐらい。


posted by Ryo185 at 09:51| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

グレ5日目 念願の双子の親で爆釣のはずが撃沈凹

直近では1/25の予約も寒波のため出船せずと、予約しても何回も出船できなかった念願の和深 双子の親へようやく行けることとなりました。3名で行く予定が1人は都合つかなくなり、いつもの会長と2人で。
出船は7時ごろだとのことで、かなり遅めの4時半ごろ出発。5時半ごろ、海くん到着。エサ混ぜしながら、藤原名人にアドバイスを受けます。港には6時40分到着、もう明るいです。用意して7時前出船。

双子の子へ2名降りた後、僕ら2名は隣の双子の親へ降ります。高場へ荷物を置いて、私は船着き、会長は三つ子向きの東のポイント(ケド場)で開始。エサを撒くと足元にはチョウチョウウオ(結局朝一だけで、その後は見られなかったですが)、タナは1.5ヒロで開始。ポイント、タナ、針とあれこれ変えますが、アタリなし。朝一は水道サラシが大きく、下り潮も早くやりづらい。たまに25cmまでのコッパが食ってくるぐらい。会長もなし。

隣の子では、西向きの方がよく竿が曲がっており、船着きはダメな感じです。前日も釣れ出したのは10時ごろからだったらしいので、後半に期待して9時半ごろには弁当タイム。
その頃から会長は沖向きを釣り始め、グレではないがイズスミをあげます。黒っぽくて上がってくるまでグレと間違うぐらいの感じでした。
IMG_0925.jpg

IMG_0928.jpg

11時ごろ、会長が沖向きテラスへポイント移動して、30グレGET!! 連チャンなかったので、弁当食うわということで。。。じゃあ、食べる間だけちょっと。。。とポイントへお邪魔させてもらいます。すると、一投目からアタリ! が、針外れ。続けて二投目もアタリ、今度こそは!でなんとか30グレGETです。

その後は続かず、西風も少し吹き二人だとやり辛いので、私はケド場へ戻ります。結局テラスで会長はグレ2枚と50弱ぐらいのイズスミ2枚など(このイズスミもグレっぽくて、しかもパンパンだったのでお持ち帰りしました)。私は相変わらず何もなし。1時ごろ、釣れない私をあまりに見かねたのか、テラスを釣らせてもらいますが、ドッカーンとでかい波が来て、頭からビショビショ、マキエも水浸しで戦意喪失 TheEnd・・・orz 会長がケド場でもう1枚追加して2時半過ぎに終了。

リベンジのため、次回分・次々回分すでに予約済み♪

IMG_0931.jpg

場所:和深 双子の親
釣果:Ryo185 グレ32cm
   会長  グレ32〜40

 当日の仕掛け
竿:紫電1.5号 5.3m
道糸:東レ NEO 1.8号
ハリス:1.7号→1.5号
ウキ:00M,0M
ハリ:TKO6 5 4,競技5,かかりすぎ口太3 4 5号,層グレ3
エサ:生S3枚 サシエは生とスーパーハードS

ところで、前から寒のイズスミはおいしいっていう話を聞いてたことがあったので、今回釣ったのはパンパンであまりにおいしそうに見えたので、初めて持ち帰って料理してみました。料理の仕方とかをネットで調べてたら、50cmは1万円以上、60cmは2万円とか、松坂牛よりもおいしいとかの記事も載ってます。

結果、すき焼き(タキタキというらしい)で食べましたが、さすがに松坂牛は言いすぎでしょうが、おいしかったです。しつこくなく、いくらでも食べられるような感じでした。あんな感じのイズスミなら次回も持って帰ろうと思いました!(^^)!

posted by Ryo185 at 20:14| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

新年あけましておめでとうございます。(グレ3・4日目)

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年もあけたので、昨年の年末のことはなかったことにしたいぐらいですが(笑) 29,30の釣行記を書きます。

毎年恒例となっている年末釣行。今年はあいにくの天気予報で29日は波4mのち2m、30日は雨 しかも昼ごろからは強く降るよう。前日電話すると、見老津は朝待ちとのこと。天気予報見る限り、朝は厳しいがよくなってくる天気なので、ダメなら出雲へ走る予定で決行。

12/29(土)
少し早目の3時20分ごろ出発。高速は車の通りが多いが、エサ屋は年末の休日にしては人少ない。5時半前に浜丸到着。出船はするみたいで、思ったより人多く25名ぐらいかな?
港から沖を見ると、結構波がある。結構遅めの7時前出船。大曲へ全部で10名ぐらいかな?で降ります。表のクズレ側から常連のかた2名。その横へ私。その横へ会長。クズレの裏側へ激磯。かなり荒れてて釣り辛そうだが、釣れそうな雰囲気。

7時半ごろ釣り開始。手前はサラシが大きく、沖は潮が速く、横の間隔が狭いので、なじむ前に仕掛け回収になり、半ば釣りにならない状態。クズレ側の方もサラシで釣りにならず、東側へ移動。
朝のうちはみんなエサも全く取られないような状態だったが、10時頃、潮が下り→上りに変わった瞬間に私の右側の方の竿が曲がって、42の良型グレ。右へ流れる潮と、クズレのサラシの当たっているところで釣れたよう。しばらくして沖で私にも本日初アタリがあったが、お得意のハリ外れ(*_*; グレっぽいアタリだったので残念(これを取れないから上手くならないんでしょうなぁ。。。) 全体的にアタリもなく、波も次第におさまってきたので、何名かのかたは磯代わり。我々はそのまま残ります。
午後からはみんなにようやくアタリが出始めましたが、サンコとイズスミとバラシのみで初日終了。
IMG_0851.jpg

港へあがって、日置の温泉へ行った後、すさみオークワで飲み物買って、宴会のみ参加のナスダックさんとシーマンさんも加わって、5人で民宿田中で伊勢エビ宴会!! 私は本気組なので22時ぐらいには寝ましたが、最後にはカラオケまで登場して、民宿のおばちゃんと遅くまで盛り上がっていたようですww
IMG_0855.jpg

12/30(日)
朝から天気予報確認。予想より進みが早く朝から南風吹いてるし、12時予報では10mm以上の雨予報。南風ならどこへ行っても同じだろうし、はて何時までできるのやら??
そんな予報なのに今日も人多く、浜丸で25名ぐらい。港を出るとすでに結構うねってる。エビスへ8名で降りて、いったん外向きへポイントを構えようと思いましたが、たまにくる大きい波でダメ。内向きに変えて用意して釣り始めようとしたときに、他のお客さんの竿ケースが流れるぐらいの大きな波。一投したところで、キャプテンから「ごめんよぉ、無理やなぁ」という声で、磯代わり。
沖の黒島の西側へ行くと、さっきとは全然違い十分釣りになりそうな感じ。ただ空いてるポイントは少なく、中崎、地の中崎のあいてるポイントへ順番におろしてもらい、私らは牛の首のトンネル付近。
そんなこんなでようやく8時過ぎ釣り開始。エサも取られることなく8時半ごろには雨もぽつぽつ降ってきて、9時過ぎには雨が強くなり、波もきつくなってきて、残念ながら早くも撤収。残念な結果に終わりました。

場所:見老津 29日:大曲、30日;エビス→牛の首
釣果:ボーズ

posted by Ryo185 at 11:09| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

グレ初日 今年も行きます!

入れるか?と思ったら、雨にやられの繰り返しで、さすがに今シーズンの鮎は終了。
磯はまだ早いかなぁ〜と思いつつも、平日なんとか休みを作って強行突破。田杭か見老津か考えたが、ポツポツ釣れてるようだし、1人でも行きやすいので見老津へ。

高速が御坊まで夜間通行止めなので、30分ほど余裕をもって3時過ぎ出発。釣太郎に4時半ごろ到着。天気が良いからか、意外と人多い。生を2枚予約してたがエサ取りも多いかもしれんし、もう1枚買おうかと思ったが、沖アミ1枚840円かぁ結構高いのね(^_^;) 840円+配合=???・・・っと、最近お金ないのよね・・・orz。けちって半枚だけに、結局生沖アミ2枚半+配合2袋

浜丸へは5時半ごろ到着。6時10分出船。全部で15名弱。赤さんも同じぐらい、港全体で40名ぐらい。実はなぜか一週間勘違いしてて、西周りだと思ってたら、東周り。1人だしムカデあたりかなぁ?と思ってたら、
キャプテン「どこ行く?」→「どこでもいいっすよ〜」
キャプテン「東一行こか。あっ!ムカデにしよか」
ってことで相思相愛でムカデに決定(結局、東一のほうがよく食ってたみたいで、相変わらず引きが悪いが(>_<)
ムカデは3回目ぐらいかな? 足元滑りやすいので好きではないが、一昨年も同じころに2桁釣ったりと好相性。

20121116070819.jpg

6時半ごろ釣り開始。エサ撒こうと思ったらマキエ杓が微妙に割れてる(>_<) 弱ってたかな?踏んづけたかな? 気を取り直して予備のマキエ杓で再開。エサ撒くと足元はエサ取りだらけ。1投目から20ちょいのコッパ。足元はコッパだらけなので、遠投で攻めます。何も釣れません。足元でポイント変えながら、ちょっとでもマシなのが掛かるところを探しますが、大きくても25,26cmぐらい。外道もなく退屈でエギングしたりします。いろいろやるが、何もなしでお手上げ。11時に磯代わりさせてもらう。

エビスのクエ場? 地向きのゲタ向きの低いところでやります。ここも足元はエサ取り満載で遠投するが何もなし。12時ごろ足元のサラシから、えぇ感じで沖向いて流れてくなぁ〜と思いながら、波止釣りスタイルで座りながら釣ってたら、アタリやん! グレっぽい引き。だが、残念ながらハリ外れ(>_<) 針が小さすぎ(TKO4号)たのと、とっさでアワセが弱すぎたのが原因か。
が、俄然やる気スイッチUP。数投目に同じようなアタリで、茶色い35ぐらいのグレGET!
ボーズ覚悟してただけに、うれしかった〜(^_^)v
少しの時合いだったのか、続かず。それからはイズスミ4枚と同じようなアタリのバラシを2回ほどで2時半過ぎ終了。
予備のマキエ杓のカップが大きいのと、エサ取り多かったからか、マキエは足りず。ケチるんじゃなかったなぁ(^_^;)
他の磯はポツポツ釣れてたようです。

場所:見老津 ムカデ→エビス
釣果:グレ35×1枚

 当日の仕掛け
竿:紫電1.5号 5.3m
道糸:東レ NEO 2号
ハリス:2号→1.5号
ウキ:0、00、G2
ハリ:TKO4,5,6、口太グレ4,5,6号
エサ:生2.5枚+配合2 サシエは生とボイル
posted by Ryo185 at 10:11| 和歌山 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

グレ11日目(4/25) 一の島で曲がりっぱなしも。。。

すみません。解禁3日前だというのに、まだグレやってます(*_*;

袋 一の島へ4/16予約・・・が、いつものごとく急に仕事を休めなくなり、会社のKさんとOMさんが行って二人でグレ24枚。もう5月になるし諦めてたら、予約が空いてるというので4/25仕事休んで単独で行くことに。

夜明けが早く5時出船とのこと。帰ってちょっとだけ寝て2時半起床で即出発。釣る時間も長いし、エサ取りも多いかと思い、釣太郎で生2枚とボイル半枚購入。眠い目をこすりながら南下。4時半ごろからうっすら明るくなってきて、2時間チョイの4:45分ごろ到着。用意して5時過ぎ出船。

本日は快晴、無風でベタ凪。お客さんはアオリの方1名がモムシ、底物の方2名が一の島沖向き。僕が一の島船着、別のフカセの方が一の島コジ

F1000066.JPG
沖向きの底物の方

F1000064.JPG
コジ向き

5時半過ぎには竿出し開始。しばらくはオヤビッチャとチョウチョウウオのエサ取りだらけ、下にグレっぽいのが見えるがエサ通らず。1時間ほどしてからエサ取りなくなり、エサが通るようになりアタリあるがハリ外れ。その後もアタリで35ぐらに口太GET! で一安心。連チャンモード突入と思ったがあまり続かず。たまにイズスミ、たまにグレ、たまにバラシって感じで8時ごろまで3枚。
そのころからデカイズスミかな?あまりにバラシが多くなってきたり、1回ハリ折られたりでハリス1.7→2.5へ変更。9時の弁当船までグレ1枚追加しただけで、そこからはイズスミの嵐。一投=1イズスミって感じの時間帯もあり。型は30〜一番大きいので50ぐらい。潮が引いてきて、足場が微妙に高いので玉入れ面倒(>_<)

F1000065.JPG
地向き

あまりにイズスミばかりなので11時ごろから昼寝。起きてからもイズスミは釣れるが、ぽつぽつペースでエサ残ることも多くなり、12時ごろ干潮ぐらいからは魚信なし。1時過ぎてから潮の流れが変わったか良い雰囲気!!と思ったら、本日最大37グレ。連チャンでもう1匹。潮は正直です。だが、そこまで。
今度はサンコモードが始まり、2時半過ぎにバラシで終了。

竿はよく曲がりましたが、グレはいまいちでした。
コジの型も40センチ頭に20枚ぐらい釣っておられましたが、30までの小さめのも多かったようです。

F1000063.JPG
黄砂?

場所:袋 一の島船着
釣果:グレ30〜37×6
 他、イズスミ30枚ぐらい、サンコ×4、バラシ15回ぐらい

 当日の仕掛け
竿:紫電1.85号、5.3m
リール:インパルトα2500LBCD
道糸:2号
ハリス:1.7→2.5→2.0→1.7号
ウキ:プロ山元00S,0S,0R,00L
ハリ:TKO 6,5,4号 かかりすぎ口太5,4号 競技グレ5号 くわせグレ5号 ヴィトム5号
エサ:生沖アミ2枚+ボイル スーパーハードS,ボイルM
タナ:1ヒロ〜2ヒロ

IMG_0539.JPG
posted by Ryo185 at 09:28| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

グレ10日目 オワガリでコッパ(3/22)

先週の水曜日 1か月前から予約してた念願の和深 双子の親!問題なく出走できそうな天気で爆釣間違いなし(^_^)v の予定だったんですが。。。どうしても仕事が休めなくなり泣く泣く断念・・・orz 双子の親は当分予約で一杯でオワガリとヤラしか空いてなかったので、オワガリを予約。天気予報は小春日和でOKそうだったのですが、前日予報では西風9m。出れるのか?と思ったが、前日電話して確認したところ「出ますよ〜」とのこと。

夜が明けるのが早くなり、3時半出発。会長拾って、ローソン〜海くん経由で5時半過ぎ、和深の港へ到着。すでに薄明るくなり他のお客さんも準備している。・・・とどこかで見たことあるかた???と思って近づくと326くんでした。前も見老津で偶然お会いしましたが、平日の和深で一緒になるとはwww
ってことで6時ごろ出船。双子の親、牛の背と下ろし、残るは僕らともう1名の方。電話したときは予約済みだった双子の子は誰も下ろさず。行けないのか聞こうか迷いましたが、もう1名の方もおられるし、聞く勇気もなく結局予定通りオワガリへ。

大潮満潮で先端の低いところは海の中。濡れるのきらいな会長は周参見向きのところ。僕は濡れながら先端へ。朝一は風が北からだったので吹くけど気にならず。エサ撒くとイワシだらけ。サシエは取ったり取られたり。30分ぐらいしてアタリ出だしたが、少ししてハリ外れ。引きからしてコッパっぽい感じ。またも連続してアタリ!これも少ししてハリ外れ。今度は少し重量感あったのだが。。。食い悪いのかハリ合わないのか?
それからはしばらくアタリ遠のき、会長もサンコだけ。風がだんだん西向きに変わり向かい風で釣りにくいし、潮は引いてきたのだが、風波のシブきで頭から何回もかぶり寒い〜(>_<)
9時ぐらいまでは、潮が上っていたのだが、下りだしてアタリ。釣れたのは25ぐらいのコッパ。それから連チャン。型は〜30ないかな、28ぐらいまで。

そんな感じで最後まで状況変わらず。風は強くなり撤収になるかな?という感じでしたが、それ以上は強くならず最後まで一応やれました。が、向かい風でシブきあびるしやりにくく、あまりに釣れないので二人とも交代で昼寝zzz 午後からの和深タイムに集中しましたが、同じ。海の中もイワシが見えるだけでそれ以外の魚は見えず、15時過ぎサシエ入れを流してしまったし早めに終了。

他の磯は、ヤラは同じくコッパだったよう。牛の背6枚、双子親326君らはさすがに3人で20枚ぐらいとのことでした。朝は良く釣れたが、それからはイズスミ、サンコが多かったとのこと。
やっぱり、見老津へ行くべきだったかなぁ? 寒グレシーズンも終盤ですが、鮎モードに切り替える前にもっかい来月リベンジ予定♪

場所:和深 オワガリ
釣果:グレ2人で25〜28×10枚ぐらい
 他、ハゲとサンコと20ちょいのコッパもいくつか

 当日の仕掛け
竿:紫電1.85号、5.3m
リール:インパルトα2500LBCD
道糸:2号
ハリス:1.7号
ウキ:プロ山本00S,0S,2BM,タナプロB,00L
ハリ:TKO 6,5,4号 かかりすぎ口太5,4号 競技グレ5号 くわせグレ5号 層グレ3号,口太グレ3号
エサ:生沖アミS スーパーハードS,ボイルM
タナ:1ヒロ〜3ヒロ
posted by Ryo185 at 17:06| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

グレ9日目 久々和深

予約は結構しているのですが、なかなか出れる日が少なく最近5回ぐらいは行けなかったかな?2年ぶりの和深釣行です。
前日出船確認の電話をして気づいたこと
・終了3時 以前は4時だったような
・弁当がなくなったのか、弁当持参を言われた

和深はポイントカードがあり、海くんでエサ買うとさらに2倍ポイントになるので、海くんへ解凍予約。

6時半ごろ出船ということで、3:50出発。会長拾ってコンビニ経由で海くんへ。気温低かったのもあり、あまり解けてない(*_*;
6時前に港到着。全部で4組。本日は晴天で風もないが気温が低い。

6時半出船。今日は双子の子の我々は1番目に降ります。大潮の満潮なので小さい磯がさらに狭く、ときおりくるウネリもあり荷物を置く場所にも悩みます。ここは船着きのほうが良い?と何かで聞いたことがあるような?僕が先に磯へ降りたのもあり、会長が船着き僕は沖向きへ陣取ります。ちなみに後ろの双子の親へも2名様が。

7時前釣り開始。会長は港向き。沖向きは釣りにくいし、なんとなく良い感じがしないので私は西向き。マキエまくと魚が見えます。エサ取りに交じり、グレっぽいのもちらちら見えます。1投目からアタリ。グレではないですが良型のカワハギ。その後もエサは残ったり取られたり、海はベタベタながらも潮目やサラシもあり、なんとなく今にも釣れそうな良い感じ。
30分ぐらいで30グレGET! アタリは小さくタナは2ヒロぐらい。連ちゃんはなく、タナを浅くしたり深くしたりハリを変えたりしながらポツリポツリと釣れます。10時ごろから潮引いて見えてた魚も消えて全く食わなくなる。そうなるとサンチャンやイズスミの外道タイム。それでもしばらくしたら魚がまた見え出し食いだす。だいたいは西向き竿1本半から2本ぐらい。途中会長と場所代わって船着きで1枚。

ちなみにとなりの双子の親 特に船着きの型は入れ食いでした。
会長は。。。先に僕が釣ってしまうと焦るのか、うまくいかず。何回かバラシたりはしてたが、結局昼ごろ28ぐらいのグレ1枚だけ。
12時過ぎて風が西に代わり、1時ごろから強風になり、海は良い感じで釣れそうにも思えたが、磯小さいし船着けられないようになるしで1時半ぐらい撤収。
午後の時合をもう少し釣りたかったですが、まぁこんなもんでしょう。
釣れたのもありますが、見老津とは違う、なんか浅ダナで小さいアタリを合わす釣り方が面白いです。

場所:和深 双子の子
釣果:グレ30〜35×7

 当日の仕掛け
竿:紫電1.5号、5.3m
リール:インパルトα2500LBCD
道糸:2号
ハリス:1.7,1.5号
ウキ:0S,00S,00M,BM
ハリ:TKO 5,4号 かかりすぎ口太5,4号 競技グレ5号 くわせグレ5号
エサ:生沖アミS スーパーハードS,M
タナ:1ヒロ〜3ヒロ

IMG_0491.JPG

20120220092302.jpg

20120220092323.jpg

20120220132840.jpg

IMG_0492.JPG
posted by Ryo185 at 01:03| 和歌山 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

グレ8日目 さっぱり

バンド仲間で手巻き寿司パーティをするから、魚釣ってきてくれ〜という指令がありまして、2/10 金曜日休んで平日に行けないかと思ったが、休めず2/11 土曜日に釣行することに。前日Makky氏がゲタで2人で18枚釣ったとのことで期待できますが、人多いだろうなぁ〜と思いながら単独で決行。

15:40起床、45分出発。好天予報だからか高速もそこそこ人多く、釣太郎も駐車場は一杯。向かいのお店や歩道にも車はすでにあり、少し南の歩道へ止めました。店へ入ると。。。さらにビックリ!! レジが長蛇の列です。白浜店ができてから10年弱ぐらいかな?いつもより少し早めに来たのもありますが、エサ屋であの長蛇の列は初めて見ました。
渡船屋も人一杯。結局浜丸渡船で40〜50名ぐらいでしょうか。

6:30ごろ出船。ベタ凪だと思っていたら結構ウネリがあります。横島は被ってるし、西回りですがナベもできるかなぁってぐらい、ギリギリの感じ。さらに船のマイクが故障したのか使えない状態と想定外続きの波乱スタート。そんなこんなで結局最後まで残り、馬の背行く?と言われたが無理で、仕事場の平島との水道あたりで釣ることとなりました。

そんなこんなで釣り開始は7:20ごろ。とっくに周りの方は竿出してます。今日は釣りの内容に関しては何もなし。まったくエサが取られません。どんどんタナ下げますが、底付近までいってしまい根掛かりと全く打つ手なし。弁当船や11時の見回りでどこかに代わりたかったですが、代われるところもなさそうで諦め。ヒッコシや平島にも人乗ってましたが、竿曲がったのも見ず。
昼前ぐらいにタカノハ1枚釣っただけ。

ちなみにタカノハ持って帰って刺身にしましたが、結構いけましたよ!

場所:見老津 仕事場の裏
釣果:ボーズ タカノハだけ

 当日の仕掛け
竿:紫電1.5号、5.3m
リール:インパルトα2500LBCD
道糸:2号
ハリス:1.7,1.2号 ナイロン1.7
ウキ:0,G2,タナプロB
ハリ:TKO 5,4号 かかりすぎ口太5,4号 口太グレ3号

20120211094431.jpg

20120211094445.jpg
posted by Ryo185 at 19:23| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

グレ7日目 和深→見老津

たまってる休日出勤を消化すべく平日休み。久々に和深を予約していたが、波2.5→3m、風も北西ビュービューなので出船しないとのこと。見老津は出船するということで見老津へ。
珍しく9時過ぎに寝たら、やっぱり夜中1時に目が覚めてしまう(-_-;)4時前出発。予報もよくないからから高速も釣太郎も人は少なめ。5:40分ごろに待合所到着。港へ行くと風がビュービューいっている。
少し遅めの6時40分過ぎ出船。浜で12名、見老津全部でも30名程度でしょうか。エビス5名、チョボの後にお呼びがかかり、別の方と僕と会長で前日よく釣れてたというシオフキへ。

7時ごろ釣り開始。別の方が大曲側、僕が真ん中、会長が東側。多少荒れ気味で、下り潮が流れていかにも釣れそうな感じだが、腕が悪いのか食わない。エサはほとんど取られず。8時ごろ東向きに流して、逆行で全くウキが見えなかったらしい会長が35グレGET。9時前には大曲向きの方も1枚。間の僕はタカノハだけ((+_+))
その後も同じような感じで足元も遠投もエサ取られず何もなし。一回ハリ外れしたぐらい。
11時前、会長は東向き先端で5連続ぐらいバラシ。なんか根があるとか。。。大曲向きの方はさらに1枚。
潮引いてきたので、弁当食い始めたらキャプテン来て「どうする?」とのことで、喜んで交代希望。朝はウネっていて行けなかった東一かムカデかということで、荒れてる時の東一で昔良い思いしたことがあるので東一へ。風がもろなのか強くなってきたのか北西ビュービュー吹いている。ハッカイから代わった別の方が沖向き東側を釣られていたので、僕は内向き。こっちも荒れていていかにも食いそうな感じ。と思っていたら、3投目でグレGET。型は30ちょいぐらい。こっちはエサ取り多く、あまりエサが通らず秋磯のよう。コッパやらサンコやらバラシやらで竿は曲がる。風強すぎて竿置くのも辛いし、そこそこ竿曲がるしで食べかけてた弁当も食わず頑張るが、あっという間に時間がすぎ27、8のグレを2枚追加しただけ。最後もハリス途中からぶち切られたので終了。

場所:見老津 シオフキ→東の一の島
釣果:30cm 1枚 会長35×1枚

 当日の仕掛け
竿:紫電1.85号、5.3m
リール:インパルトα2500LBCD
道糸:2号
ハリス:1.7,1.5号
ウキ:G2,2B,B
ハリ:TKO 6,5,4号 競技グレ5号 短グレ5号
タナ:1〜4ヒロ
posted by Ryo185 at 21:14| 和歌山 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

グレ6日目 初釣り

3連休が3日とも休めるので、人多いかなぁと思いながらも中日に義兄 ひさっさんと数年ぶりの釣行。4時前 出発。連休中だけあった高速は車多くのろのろ運転。釣太郎も人多いけど、年末よりは微妙に少ない。6時前着で6時40分ごろ出船。仕事場〜横島ちょぼ〜横島とつけた後、牛の首へ降りる。別の方2名が船着きへ、僕は真ん中の先日と同じ場所、ひさっさんが奥へ。

釣り開始。快晴ベタ凪で池のよう。だが潮は手前へ早く当ててきて釣り辛い。エサ取りはそれなりにあるが、エサが通らないほどではない。エサ取りの中にグレっぽいのが見えるなぁと思い、タナを浅くして、ひさっさんの竿が曲がってるので見てたらこっちもアタリ! シャープな引きだし海中よく見えてグレと確信。とりあえず2連続ボーズは免れて一安心。いつもながらに時合短いのかその後続かず。

ひさっさんは数回竿曲がってるがサンコ連チャン。潮が下ってるので船着きの方は奥や裏へ行ったりするが、ベタベタすぎてダメな様子。僕もエサ残ったり取られたりするが、何もなし。仕掛け軽くしたり、ハリ小さくしたり、初めてナイロンハリス使ったり、ハリス細くしたりといろいろ変えてたら、アタリ→一瞬でブチっ。ハリス半分になったけど、タナ戻してそのまま釣ってたらまたも一瞬でブチッ。
やっぱり1.5→1.7に戻したらまたもアタリなくなる。
あまりに釣れないので、僕も裏や奥をやるが全然。昼から風が西に変わり、水面がバシャバシャして良い感じ。と思ったらまた手前へ当てる潮が早くなり、風で仕掛けは飛ばないし、手前へすぐ当ててくるので釣りにならない。2時過ぎに横島とかも終わりだしたし、釣れそうもないので、いつもより早めの2時半前に終了。
へ〜んな潮だったらしく、全体的にぱっとしなかったよう。先日のエビスといい、今日の牛の首といい、好調なところをダメにする力が僕にはあるらしい(笑)

場所:見老津 牛の首
釣果:35cm 1枚

 当日の仕掛け
竿:紫電1.85号、5.3m
リール:インパルトα2500LBCD
道糸:2号
ハリス:1.7,1.7(ナイロン),1.5号
ウキ:0,G2,00,タナプロB
ハリ:TKO 6,5,4号 競技グレ5号 層グレ3号
タナ:1〜4ヒロ
posted by Ryo185 at 21:43| 和歌山 | Comment(2) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

グレ4,5日目 年末釣行

2012年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

遅くなりましたが、年末釣行記

仕事は30日から休みだが、今年も29日を休みにして、29,30と見老津お泊り釣行。初日は僕と会長と底物シーマンさんの3名。
3時40分起床。会長乗せて4時前出発。釣太郎で2日分のエサ買って待合所へ着いたのは6時前。人も一杯だったので、名簿だけ書いてすぐ港へ行って準備。浜丸で30名ぐらいか。6時半過ぎ出船。本日はベタナギでどこでも行ける。底物さんと一緒なので、大曲かナベか西一かムギイシあたりかなぁと思ってたら、苦手なムギイシでお呼びがかかる。船着きへシーマンさん、僕は西の端、隣りへ会長。

7時過ぎ釣り開始。エサ取り多くエサ残らない。沖はエサ残るが食わない。9時ごろ「今日は厳しいなぁ〜」と思ってたら、足元でアタリ。33cmのグレ。その後も続かず昼までイズスミ1匹だけ。会長もサンコだけ。あまりに食わないので、ポイント休ませようと珍しく昼寝。ちょっと風が吹いて、いい感じになってきたなぁと思ったら、終了前に2尾追加。あとはイズスミだけ。とりあえず釣れて良かったが、いまいちなまま初日終了。
あまり竿が曲がっていないように見えたが、西一、二の島はよく釣れてました。

片付けた後は、ヴェルヴェデーレでお風呂。オークワで飲み物調達した後、激磯くん、ナスダックさんと合流し、民宿田中到着。いつもの伊勢海老食べながら宴会。僕は9時ごろ意識消失

2日目 5時10分起床、準備して待合所へ。昨日よりもはるかに人多く、港駐車場はカーブ付近まで車で一杯。今日は東周りでエビスなので最後に乗船。沖から激磯くん、会長で、僕は西側内側のチョボ向き。最近は2ケタ釣果もあったりしたから、大いに期待していたが。。。前日と違いエサが全くとられない。弁当船前にアタリあり。引き強く足元まで来て、白い魚体が見えたところで残念ながらチモト切れ。多分イズスミ。結局本日のアタリはそれっきり。タナ浅くしても深くしてもほとんどエサがとられません。仲間内でも激磯くんが12時ごろグレ1枚釣っただけ。東端の方が5枚ぐらい釣ってただけで惨敗でした。他、東一、ガマ横はよく釣れてましたが、他はいまいちなようでした。

 初日
場所:見老津 ムギイシ
釣果:グレ 38,33,32

 2日目
場所:見老津 エビス
釣果:ボーズ

 当日の仕掛け
竿:紫電1.85号、5.3m
リール:インパルトα2500LBCD
道糸:2号
ハリス:2,1.7号
ウキ:0,G2,B,2B,タナプロB
ハリ:TKO 6,5,4,3号 競技グレ5号 くわせグレ5号 タナグレ3号 かかりすぎ口太4号
タナ:2〜8ヒロ
posted by Ryo185 at 15:19| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

グレ3日目 久々見老津

平日休みとれたので単独釣行。どこへ行こう?見老津いまいち釣れてないので、田杭か和深か久々に市江かと思ったが、予報見ると北西吹きそうなので、どっか場所はあるだろうと見老津へ。

4時出発。釣太郎で生2枚買って、見老津到着が5:45。人は少なく6名。見老津全体でも20名ぐらいか。港へ着くと風がビュービューいってる(*_*;

6時半出船。本日は横島周り。横島は波あって無理そうで、牛の首でお呼びがかかる。別のかたと一緒に降りて、船着きを譲り、真ん中のところへ。
7時過ぎ釣り開始。足元にエサ取りいるが、竿1本ぐらい先はそうでもなく良い感じ! と思ったら5投目ぐらいでアタリ! 叩いて叩いてアイでした。同じようなポイントで今度はシャープな引き。今度はグレでした。まぁまぁ良い型 37cmぐらいあるかな。結構冬っぽい感じのグレでした(帰って捌いたら子あった)。それからサンノジ1枚と沖でタカベ。その後、弁当船まで何もなし。弁当食おうかと思ったら、もう1人の方がグレかけたので釣り続ける。が、風ビュービューで釣りづらいし、全然食わず。
船着きで釣ってた方も風が強くなり状況がひどくなってきたので、奥へ移動。僕も移動しようかと裏空いてないかぁと覗きにいくが、別の方が釣っておられたので、諦めて最初の場所で釣り続ける。手前はチョウチョウウオ、沖はタカベでエサ残らず。昼まではそんな感じ。
あまりに釣れないので、珍しく30分ほど昼寝。

12時半から再度釣り開始。1時間ほどは同じ状態でエサ残らず。諦めモードになっていたが、足元のマキエに寄る魚がさっきまでと違いサイズアップしている。すかさず浅ダナにして足元を釣るとアタリ→バラシ、アタリ→イズスミ、アタリ→サンコ、アタリ→バラシ。。。のループ状態。とりあえず竿曲がるし。。。と思ってたらグレ釣れた。その後もサンコ→イズスミ→バラシ→グレって感じでもう1枚追加 良い感じになってきたなぁ〜と思ったら、納竿3時が近づいてきたので終了。
F1000062.JPG

場所:見老津 牛の首
釣果:グレ 37.35,33
他 アイ,サンコ,イズスミ,タカベ,チョウチョウウオ
F1000061.JPG

 当日の仕掛け
竿:紫電1.5号、5.3m
リール:インパルトα2500LBCD
道糸:2号
ハリス:2→1.5号
ウキ:G2,2B,タナプロB,4B,0
ハリ:TKO 6,5,4号 競技グレ5号 くわせグレ5号 タナグレ4号 かかりすぎ口太4号
タナ:1〜6ヒロ 1枚目は3ヒロ 2,3枚目は1.5ヒロ
エサ:ボイルと生
posted by Ryo185 at 21:07| 和歌山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

ダイワ グレマスターズ2011

久々の更新です。

遅くなりましたが10/26(水)ダイワマスターズ グレ釣り大会に参加しました。去年は2回とも悪天候で中止、今年も当初は10/21(金)の予定でしたが、延期になりました。

大会受付が4時からということなので、OMさんSさんと1時半ぐらいに藤並駅まで迎えにきてもらい出発。エサと食料買って須江へ4時前に到着。受付して用意してほとんどゆっくりする間もなく5時から開会式。5時45分出船。僕とOMさんは同じ船。OMさんは港出てすぐの磯。僕はさらに湾内へ船が戻って、前回サンラインカップで降りた磯の近くの湾内磯へ2名で降ります。ベタ〜っとして池のよう。私のほうが番号が若く、先端の釣り座を選択。

F1000014.JPG

6時半釣り開始。足元はエサトリで一杯ですが、沖はエサが残ります。何も釣れず30分ぐらいで20cmぐらいのコッパ。一応グレなのでサイズアップを試みますが、あと3匹ほど同じぐらいのサイズが釣れただけ。他はサンコとベラ。9時頃諦めてたら、グレっぽいアタリ。30グレが浮いてきて、タモ取ろうとしたときに痛恨の針ハズレ(T_T)

残念ながら9時半で釣り座交代。内向きはとても釣れる感じではなく、前半相手の方も本命はなし。後半もサンコとベラだけ。朝はかなり冷え込んだが、昼間はポカポカ陽気で、あまりに釣れないので、大会にも関わらず昼寝してました(^_^;) 相手の方は規定サイズちょいのグレ1枚釣られてました。

他の方は。。。OMさんは規定サイズぐらいのグレ1枚。Sさんは出雲 双子の親で6枚とイサギ釣ってました。沖のほうはよく釣れたんかなぁと思ったが、そういうわけでもなく、優勝は私の次の磯(といっても見れる範囲ではないですが)のナギ崎に乗られた方でした。
大会結果はこちら

IMG_0405.JPG

 当日の仕掛け
竿:紫電1.5号、5.3m
リール:インパルトα2500LBCD
道糸:1.8号
ハリス:1.5号
ウキ:0,タナプロ
ハリ:いろいろ
タナ:1.5〜4ヒロ
エサ:ボイルと生

posted by Ryo185 at 07:55| 和歌山 | Comment(5) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

グレ初日(9/26) 鮎行けないので例年より早めの開幕

ちょっと遅くなりましたが、9/26(月)の釣行記

連休初日、月曜日で会長も休みなので、どこへ行こうか?
 1.鮎(有田川は無理なので、どこか探す)
 2.磯 田杭(ポツポツ釣れてる)
 3.磯 見老津(前々日 会社の人達 ソビエトで結構釣ってる)

天気は雨模様&近くで入れる川の情報も少ないので、川はパス。見老津は沖磯しか釣れてなさそうなのに、波3mの予報になってたのでパス。ってことで田杭。

前日 夜に電話。まだ人少ないよ〜5時半過ぎ出船とのこと。

3時半起床。会長迎えに行って、紀伊国屋湯浅店でボイルMを3枚購入。広川ローソン経由で駐車場へ4時半着。先客2台あり。準備して5時半頃 息子さん登場。その後軽トラで船頭さん登場。ここは基本的に早く着いた方から、乗りたい磯を指定するシステム。最初の方2名(9時から+1名)で小バエ、次の方2名でミツ。僕らは・・・とりあえずカベへ。

6時半頃釣り開始。会長が船着き、僕は奥。空は今にも降り出しそう、波も風もないが、たまにウネリが来る。30分ぐらいたってから、会長が30イサギ、が抜こうとして口切れ?でバラシ。僕も同じく30イサギ、が抜いて手元まで来てポロっ。足場が狭いから海の中へ落ちてしまう。その後も釣ったり落としたり25平均ぐらいのイサギがポツポツ釣れるが、さすがに小さい。隣のコバエは竿曲がりっぱなしで、たまにタモも出ている。
結局カベでは
小さめイサギを何匹か(キープが2人で10匹ぐらい?)
メッキ×1、持ち帰りできないほど小さいコッパ、イズスミぐらいだったかな。エサ取りはほどほどで、エサが残らないほどではない。

10時の弁当船(弁当いつのまにか500円→600円に値上げ、あと前は弁当受け取り時に料金払うシステムだったような、今は他の渡船屋と同じように最後に渡船代と一緒に支払い)で潮が引いてきたので、沖のイカリに変えてもらう。。手前はコッパとウリ坊だが、ちょっと遠投すると30〜35ぐらいのイサギが一時入れ食い状態。12時頃潮引いてからは、アタリ遠のき、たまに掛かるぐらい。
F1000018.JPG
結局沖のイカリでは
30ぐらいのイサギ 二人で15匹ぐらい
他、持ち帰りできないほどのコッパとウリ坊。エサ取りはカベと同じぐらい。
F1000017.JPG

潮が満ちてきたので、14時から地のイカリへ交代。あまり期待してなかったが、これがビンゴ! 僕が内向き、会長外向き。1投目ダツ、2投目サンコ、3投目アイ、コッパ、ウリ坊・・・としばらくは素バリなしで何かしら竿が曲がります。んでから15時頃30グレGET! その後もアイ、グレ、サンコ、ハゲ、バラシなど。いつの間にか終了時間が17時→18時になっていて、17時半ぐらいまで目一杯やって終了。
結局地のイカリでは
30グレ×5 さらに1枚足元まで寄せて姿見えたのにバラシ(^_^;)。会長 アオリ1杯、他いろいろ

港へ着いたとたん、身内が亡くなったと連絡が入り、バタバタっと片付けたので、何匹釣ったか分かりません。
F1000016.JPG

場所:田杭 カベ→沖のイカリ→地のイカリ
釣果:グレ 30ぐらい×5
   イサギ 25〜35ぐらい×25ぐらい
   アイ×2、アオリ、メッキ、ハゲなど

 当日の仕掛け
竿:紫電1.5号、5.3m
リール:インパルトα2500LBCD
道糸:2号
ハリス:2号、1.7号
ウキ:0,G2,B,2B,00
ハリ:いろいろ
タナ:1.5〜4ヒロ
エサ:ボイル
posted by Ryo185 at 02:41| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

夜釣りも失敗(6/21)

平日休み。どうしようか?前日の雨で有田川は無理。熊野支流は?水位見る限り厳しそう。夜釣りは?南西5mの風、波3m→2m 無理か? とりあえず吉丸渡船に電話すると「出ますよ〜」とのこと。微妙に風邪?37度の微熱あるが、家でおるほうがストレス溜まって熱あがるので強行突破。

13:30出発。途中食料買って、1時間ちょいで釣太郎 白浜。震災の影響で国産アミエビ高く中国産購入。ボイル半枚、生半枚、アミエビ2kg×2、サシエLLを購入。道中 海はナギっぽい。

15時過ぎ、港到着。先客3台ほど。出船は16時のはずだが、すでに他の人が用意しているので、とりあえず着替えて、腹ごしらえしていると、どなたかが車に近づいてきて「みなさん揃ったので、ちょっと早めに出船しようと思います〜」とのこと。そういえば3年ぶり?ぐらいの市江。新しいポーターの方だったよう。大急ぎで準備し船へ。。。と思ったら、「お金先払いでお願いします〜」とのこと。すっかり忘れてました。市江の夜釣りは先払いだったかな?また車へお金取りに行ったり。。。と久々なので、なんか落ち着きません。船も以前と違い弟さん?が運転。

そんなこんなで15時半出船。自分を入れて全部で5組。ブジマ、ガケジマ、笠甫大島と降ろした後、僕は一人で前島。初めて乗る島です。雨は降りそうで、降らず、思いっきり曇ってて、蒸し暑い。とりあえず昼釣りの仕掛けで釣り開始。最初は何もなし。マキエ効きだすと色とりどりのエサトリ出てくる。エサ残らず、たまに15cmぐらいのコッパが針がかり。タナ2〜3ヒロぐらいから浅くして。。。コッパばっかり掛かりだしたので、少し3ヒロに戻して遠投すると、ちょっと重量感あり。で32ぐらいの尾長GET! けど色が変。雨で水潮が入っているのか、海の色も変。時間は17時前。それから続かず17時半頃、仕掛け流しながらメールしてたら、先手取られチモト切れ。海中からこっち見てるのと違うかと思うぐらいナイスタイミングで掛かってきやがる(^_^;)

20110621164408.jpg

それからもコッパとイズスミぐらいでパッとせず。19時ぐらいから夜釣り仕掛けに変更。ところが、ところが、これがもっと最低。タナ2〜8ヒロぐらいまで探るがエサ取らず。夜釣りは何もないまま。頑張ってたまに頭からシブキあびながらも先端でがんばるがノーフィッシュのまま22時半終了。

他の磯は、ブジマもイサギなし。笠甫大島は4,5枚。他の方は通しなので分からず。終了時間 昔は11時だった記憶があるのだが、10時半はいいっすね。11時には帰れて12時には家に着くから、次の日もなんとか大丈夫(^^)v

場所:市江 前島
釣果:グレ 32,25cm

 当日の仕掛け(昼)
竿:紫電1.5号、5.3m
リール:インパルトα2500LBCD
道糸:2.5号
ハリス:2号
ウキ:AURA B
ハリ:口太7号、TKO 6
タナ:1.5〜3ヒロ
エサ:ボイル

 当日の仕掛け(夜)
竿:紫電1.85号、5.3m
リール:プレイソ2500LBCD
道糸:4号
ハリス:3号
ウキ:3B
ハリ:夜釣り用9,8号
タナ:2〜8ヒロ
エサ:生LL
posted by Ryo185 at 21:20| 和歌山 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

グレ9日目 さすが一の島!!

今シーズンも終わりかと思われたが、袋 一の島の予約がとれて平日強行釣行。
小春日和で出船確実と思いきや、波3mのち1.5mと微妙な予報。朝のうちは一の島へ行けないかもということ了承済みで出船可能に。
5時20分出船ということで、2時半起床が辛い(T_T) 2:45出発。
シーズンオフだから?地震の影響?道中 車は少ない。コンビニ〜釣太郎経由でちょうど2時間4:45かわばた渡船着。前回と違いお客さんも少なめで全部で9名。北風吹いて肌寒い。。。

一の島の沖向きへカゴの方2名、僕らは船着き。北西ビュービュー吹いて、波もあり、足場も滑りやすく釣り辛い。
釣り開始、会長が1投目から28ぐらいの尾長。。。そしたら僕も1投目から35ぐらいのグレGET! 幸先良し♪2投目もアタリでイズスミ。それからもグレ、イズスミ、サンコ、バラシなど程良く竿曲がり、時間がたつほど外道の割合が増えるが弁当船までにグレ6枚。会長は朝一の1枚のみ。

F1000015.JPG
一の島コジ向き

F1000014.JPG
一の島沖向き

F1000012.JPG
一の島船着き

そのころから1時間ほどだけ風が止んでぽかぽか陽気。このまま続くかと思ったが、10時半頃からまた風吹き始める。アタリは回数は減ったもののポツポツとある。一日中そうだが、釣れる割にパターン分からず、同じポイントではあまり食わず、どこで食うのかよく分からん??
結局12時過ぎからかなり海が荒れ始め13時撤収で終了。

F1000010.JPG
帰りの船から見た一の島

僕10枚、うち40近いの4枚ぐらい。30ない尾長3枚ぐらい。会長5枚でした。さすがにこれだけ釣れれば楽しかったーww
他、沖向きカゴの方はよく釣られてましたが、他の島はあまりよくなかったようでした。

場所:袋 一の島
釣果:Ryo185 グレ 28〜40cm☓10
   会長  グレ 28〜38cm☓5

F1000009.JPG

 当日の仕掛け
竿:紫電1.85号、5.3m
リール:インパルトα2500LBCD
道糸:2号
ハリス:1.7号→2号
ウキ:プロ山元0 R、G2 R、B R、タナプロB、G2 R
ハリ:TKO 6,5,4号,速攻口太5号,くわせグレ5号,くわせ競技5号
タナ:3〜4ヒロ
エサ:生2枚,のりグレ+グレハンター GクリルM
エサ取りなし(見えるがエサは通る)
posted by Ryo185 at 02:04| 和歌山 | Comment(7) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

グレ8日目 袋で爆釣したかったが、失敗

見老津がいまひとつパッとしないので、新規開拓 串本町袋の「かわばた渡船」へ。ここは完全予約制で、1週間前に連絡したらすでに「モブシ」という磯と「オオドコ」という磯しか空いていなということで、会長と2名でモブシを予約。モブシは地寄りで浅いが、結構よく釣れる磯のよう。

6時20分出船ということで、少し余裕をもって3時過ぎ出発。平日ということを差し引いても釣太郎は人少なめ。思ったより早く2時間半も掛からず5時20分ごろ到着。港へ車を置き、待合所へ入ります。噂の卵かけごはん用の茶碗あり(システムがよく分からなかったが後でWEBを見ると400円で食べられる?みたい)乗船名簿に記入し、人が多かったので待合所を出て早めに準備。

磯釣り用と船釣り用2船の全部で3船。磯は全部で20名強ぐらい。潮岬の方を目指してゆっくりと船が進んでいきます。

F1000007.JPG

F1000006.JPG
↑一の島

一の島、一の島のコジ、・・・と沖から順に下ろしていくので僕らは最後のほう。モブシ
満潮だからということもあるが、思ったより小さい磯。
降りた位置でええやぁと適当に場所決め。会長が沖向き、僕が地寄り。
F1000005.JPG

噂通り底が丸見え、秋口ならまだしも、今の時期に釣れるのかと半信半疑。マキエをするとトウゴロウイワシの群れ。エサトリ避ければ、タナ落としてもエサ残る。00から始めたが、タナとるためG2に変更。ハリは5号→4号に落とす。深めで2人ともイガミ1匹ずつ。モブシの子向きで会長がシマアジ。天気は朝からどんより曇ってるが早くも雨。そうこうしてる間に早くも弁当船。ちなみに弁当はこんな感じ
F1000003.JPG
会長はだし巻きべた褒め。

9時頃スポッとウキが沈む。叩くのでサンコかと思ってたらラッキー!グレ。食い悪いのか皮1枚。しばらくして同じポイントで同じようなアタリも、魚信は感じたがすっぽ抜け。ハリが合わない?食い悪い?ハリ小さい? それで終わり。
会長は10時頃、沖向き遠投で潮に乗せて流して1枚GET! 11時頃足元で1枚GET! それぞれ食うポイントが違いパターンつかめず。

正午頃、潮も引いてきたし食い悪いしでハリス1.5号に落とす。4発チモト切れのバラシ。1.7に戻すと食わず。終了間際の2時頃、会長がパターンつかみ、グレ足元まで来て針はずれバラシ、その後スッポ抜けバラシ、最後に1枚追加で終了。あいたポイントに入らせてもらって僕にもアタリ。またも魚信感じたがすっぽ抜け。せっかくパターン分かったのに泣く泣く時間切れで終了。

後ろのモブシの子はあんまり竿曲がってないようでしたが、47グレをあげられてました。他、一の島はみなさん10枚以上ずつぐらいは釣られてたようでした。
F1000004.JPG
↑モブシの子

帰りにキビナゴのお土産をもらったり、いろいろなサービスを含め、なかなか良い感じの渡船屋さんなので、また行きたいと思います。

場所:袋 モブシ
釣果:Ryo185 グレ 37cm
   会長 グレ33,37,37cm、シマアジ
F1000001.JPG

 当日の仕掛け
竿:紫電1.85号、5.3m
リール:インパルトα2500LBCD
道糸:2号
ハリス:2号◎→1.5号→1.7号
ウキ:プロ山元00S、G2 R◎、0S、タナプロB
ハリ:TKO 5,4◎,3号,一発グレ5号,かかりすぎ口太4号
タナ:2〜4.5ヒロ 3ヒロ◎
エサ:生2枚,のりグレ+グレハンター GクリルM
posted by Ryo185 at 20:16| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする